Favola – Gongitsune (seconda parte)

gongitsune 02

Questa celeberrima favola per bambini è stata pubblicata per la prima volta nel 1932 ed è la più grande opera di Niimi Nankichi (1913–1943).
In questa storia potete cercare di esercitarvi a leggere il “vero” giapponese (con i kanji) e vi metto la pronuncia (in hiragana, come se fosse il furigana!) nella seconda riga e la traduzione (con qualche eventuale commento) nella terza riga. Se non avete fatto l’hiragana ovviamente non è un esercizio per voi.

ごんぎつね。(第二部)
Gongitsune (seconda parte)

ある秋のことでした。
あるあきのことでした。

Era una giornata di autunno.

二、三日雨がふり続いたその間、ごんは、外へも出られなくて、あなの中にしゃがんでいました。
に、さんにちあめがふりつづいたそのあいだ、ごんは、そとへもでられなくて、あなのなかにしゃがんでいました。

Per un periodo nel quale la pioggia era caduta ininterrotta per due, tre giorni, Gon se ne stette accovacciato nella (sua) tana senza poter mai uscire.

雨が上がると、ほっとしてあなからはい出ました.
あめがあがると、ほっとしてあなからはいでました。。

Quando la pioggia cessò, sollevato (Gon) strisciò fuori dalla tana.

空はからっと晴れていて、もずの声がキンキンひびいていました。
そらはからっとはれていて、もずのこえがキンキンひびいていました。

Il cielo era d’un azzurro limpido ed il canto dell’averla riecheggiava con il suo “kinkin”.

ごんは、村の小川のつつみまで出てきました。
ごんは、むらのおがわのつつみまででてきました。

Gon uscì e arrivò fino all’argine del ruscello del villaggio.

辺りのすすきのほには、まだ雨のしずくが光っていました。
あたりのすすきのほには、まだあめのしずくがひかっていました。

Le gocce di pioggia brillavano ancora sulle spighe dei susuki* lì vicino.

*Una pianta che è tipica di Cina e Giappone e parente dell’Eulalia.

川には、いつもは水が少ないのですが、三日もの雨で、水がどっとましていました。
かわには、いつもはみずがすくないのですが、みっかものあめで、みずがどっとましていました。

Nel ruscello, di solito c’era poca acqua, ma (in quei giorni) era salita rapidamente a causa della pioggia di ben tre giorni.

ただのときは水につかることのない、川べりのすすきやはぎのかぶが、黄色くにごった水に横だおしになって、もまれています。
ただのときはみずにつかることのない、かわべりのすすきやはぎのかぶが、きいろくにごったみずによこだおしになって、もまれています。かわには、いつもはみずがすくないのですが、みっかものあめで、みずがどっとましていました。

I cespugli di susuki e lespedeza, che non erano immersi nell’acqua, adesso si ritrovavano piegati e sballottati dall’acqua limacciosa (lett. sporcata di giallo).

ごんは、川下の方へとぬかるみ道を歩いていきました。
ごんは、かわしものほうへとぬかるみみちをあるいていきました。

Gon seguì il corso del ruscello percorrendo un sentiero (ormai) fangoso.

じゃまたね!
Alla prossimagongitsune 02-1

2 pensieri su “Favola – Gongitsune (seconda parte)

この記事へのコメントをどうぞ! ヾ(。>﹏<。)ノ゙✧*。

Inserisci i tuoi dati qui sotto o clicca su un'icona per effettuare l'accesso:

Logo WordPress.com

Stai commentando usando il tuo account WordPress.com. Chiudi sessione / Modifica )

Foto Twitter

Stai commentando usando il tuo account Twitter. Chiudi sessione / Modifica )

Foto di Facebook

Stai commentando usando il tuo account Facebook. Chiudi sessione / Modifica )

Google+ photo

Stai commentando usando il tuo account Google+. Chiudi sessione / Modifica )

Connessione a %s...